積み木

ワンルームマンション投資のリスクについて事前に把握しよう

双方が安心できます

模型

賃貸物件を借りる場合には、従来は身内などの保証人を立てる必要がありました。しかしながら、保証人を立てることが出来なかったり、信用が得られない場合には物件を借りる事が出来ないケースも多かったのです。このような場合には家賃保証制度の会社を利用することで、信頼を得て希望の物件を借りることができるのです。

投資を成功させたいなら

空室

収支計画を立てよう

マンション投資するなら今が絶好のタイミングです。なぜなら、銀行の金利は過去最低まで下がっていますし、不動産価値も現在が底値だからです。これから景気が上向くにつれて銀行の金利も不動産価格もあがってゆくので、投資するなら今がお勧めです。マンション投資の中でも、比較的少額で始められる、ワンルームマンション投資が人気あります。ワンルームマンション投資市場は、非常に成熟しており、大都市、地方問わず、投資対象となる物件が豊富にあります。ワンルームマンション投資で注意するべきことは、収支計画をしっかり立てることです。収入と支出、これをしっかりと予想しておかないと、資金繰りが回らず、破綻してしまいます。余裕をもった収支計画を立てることが成功の秘訣です。

長期的に収益あります

ワンルームマンション投資は、一度、投資してしまえば長期的に収益が見込める魅力的な投資対象です。投資先のマンションの築年数にもよりますが、30年位は収益が見込めます。例えば、8000万円のワンルームマンションに投資したとして、年間10%収益があるとすると、24000万円の収入が見込めます。ワンルームマンションは、このように長期間安定した収益が得られるのが最大の魅力です。さらに、もう一つ魅力があります。もし、不動産価格が大きく右肩上がりで上昇してゆけば、購入したワンルームマンションを売却することで差益分、利益をあげることができます。2020年のオリンピックに向けて、都市部、地方部共に、不動産価格は大きくあがる可能性があるので投機目的で購入するのも一つの手です。

入居者が満足する管理会社

集合住宅

空室を出さないということはマンション経営を行なう上で重要となります。そのような状態を回避するには、良いマンション管理会社とパートナーを組みます。契約すると経費がかかりますが、トータルに考えればメリットの方が多いです。良い管理会社を選ぶ時はホームページを見て設立年月日をチェックします。長く営業している会社は実績があるので安心です。

収益性の高い物件の特徴

説明

収益物件は家賃の利回りが高いものを指しますが、大阪には探せばそのような物件は見つかります。安定して家賃が得られることや、賃貸需要が多いことが収益性の高さにつながります。また新築と中古のそれぞれの特徴を理解して探すことが大切です。