双方が安心できます|ワンルームマンション投資のリスクについて事前に把握しよう
レディ

ワンルームマンション投資のリスクについて事前に把握しよう

双方が安心できます

模型

保証人を立てなくても可能

近年、賃貸物件の契約時には身内などの保証人を立てることなく、家賃保証制度を利用して借りることができるようになりました。家賃保証制度を提供している会社に保証を委託することによって、借りる側の信用も高まり、契約することができる物件の幅も広がります。また、貸主側も家賃の滞納などを防止することができることから、安心につながります。貸主側にとっては大切な財産であり、貴重な収入源である場合も多いため、家賃保証制度によって家賃の滞納を防止できることは重要なポイントなのです。最近では外国人との契約も増加したことから、保証人を立てられない人も多くいます。こうした場合に家賃保証制度は利用されているのです。しかしながら、家賃保証制度を利用したからと言って、収入と家賃が見合わない人に物件を提供するのは注意が必要です。

空室を防止できます

今までの賃貸契約の場合においては、保証人の収入や借主側の収入が家賃に見合うことや、勤務先などの条件が物件選びを大きく左右していました。このため、家賃の支払い能力がある人であっても勤務先や勤務形態によって、賃貸契約を結べない場合もあったのです。また、貸主側も思う様に借主を見つけることが出来ずに、長期間の空室に困っているケースもあったのです。こうしたことを回避するうえでも家賃保証制度の会社を介することはメリットがあるのです。家賃保証制度の会社を保証人として利用することで、借りにくかった物件もスムーズに契約をすることができたり、貸主側も空室にすることなく物件を提供することが可能になるのです。このような理由から家賃保証制度は双方にとってメリットがある制度といえるでしょう。